男性が喜ぶギフト特集

上司に贈る、ギフトを選ぶ時に抑えておきたい「ギフト選びのポイント」

誕生日、送別品、お中元やお歳暮など、上司へギフトを贈るシーンは様々ですよね。また贈り手から見て直属の上司と、部署やセクションごと上司とではまた違った選び方をするかもしれません。そんな上司へギフトを贈る時に抑えておきたいギフト選びのポイントをご紹介したいと思います。

上司へ贈る、ギフト選びで困ること

まずは上司へのギフトを決める前に幾つか直面する解らないこと、ギフト選びで困ることを振り返ってみようと思います。

  • どのぐらいの予算が最適化解らない
  • プライベートを知らない
  • 同僚にも気を遣う
  • 下手打つと仕事に響きそう

予算あたりは確かに考えてしまいますね。あまり高価なモノを贈っても逆に迷惑をかけてしまうのではないか、変なプレッシャーを与えてしまうかも、なんて考えしまいますね。では実際にどのような相場が最適なのか確認したいと思います。

誕生日 1,000円~5,000円
退職/送別品 3,000円~10,000円
昇進祝い 5,000円~20,000円

予算はイベントに応じて金額がやや変化するのが特徴的ですね。だからこそ、余計に複雑な感覚を覚えるといった感じでしょうか。またプライベートについては、知っているようで知らないという状況が多く、好みや趣味嗜好が解らないというのも問題として上がるようです。

上司へ贈る、ギフト選びで困ること

個人的にギフトを贈る慣習が社内であったり、社内で上司へのギフトについて何も議論がされない場合、同僚や他の上司などへの配慮も必要になるようです。ギフト次第では仕事や自分の立場への影響を恐れる人もいるようです。確かに失礼なモノや嫌いなものを贈ってしまうと…もしかするかもしれませんねw

では、上司へ贈るギフトはどのように選べばよいのか、見ていきたいと思います。

上司へ贈る、ギフト選びのコツ

それでは、上司へ贈るギフト選びについて覚えて参考にしておきたいコツをご紹介。個人的に親しいとか、大変お世話になったなどの要素は一旦置いといて、上司というカテゴリだけに焦点をあてて見ていきたいと思います。もちろんすべての上司にマッチするとは言えませんが、抑えておいても間違いないポイントです。

同僚と予算やルールを決め合う

社内でギフトに関するルール(公でも暗黙でも)が存在するなら、ルールに添ったギフト選びを心がけるのが良いでしょう。上司同士の優劣や、同僚との関係に配慮した方法をとることで、贈り手も貰い手も両方が気持ちの良いギフトにするのは、至極当然のことかもしれません。

同僚と予算やルールを決め合う

上司へのギフトは年間行事のひとつとして、同僚やチームで管理しておくべきでしょう。誰か1人に担当を押し付けるのではなく、皆で取り掛かるイベントです。これも仕事のひとつだと思い、良いチームワークを生むための行事として扱えばよいと思います。

まずは「1人予算/◯円」と予算から決めてしまうのがポイントです。何を贈るかの議論を先にしてしまうと収拾がつかなくなりますので、必ず予算を設定し、必ず予算内で収めることを必須としてください。その後、さまざまな選択肢を候補に上げ、皆でディスカッションしましょう。

上司へ贈る、ギフト選びのコツ

同僚やチームで贈る

同僚やチームで決めたルールや予算に添って、ギフトを決めます。1つでも複数でも、予算内であれば個数は問題ないでしょう。ポイントは「皆で選んだ/決めたギフト」であるということですね。そして上司へ贈る際は「チームから」「皆から」というカタチで贈るとよいでしょう。

残った予算はしっかり皆で分配するか、珈琲やお茶、お菓子などの皆で分け合えるモノに変えてしまえばOKです。もし会社から、福利厚生の一環として、何らかの予算が出る場合は、プチパーティーや飲み会などを開催して、しっかり予算割すれば良いと思います。

人生の約1/3程度を一緒に過ごす仲間同士のコミュニケーションですので、皆が楽しみつつ、普段お世話になっている上司への感謝と、今後の活躍を願って素敵な時間を過ごせるよう工夫してくださいね。

同僚やチームで贈る

ずっと同じジャンルで良い

何を選ぶかが悩ましく、皆で考えると色々な意見が出ると思います。もちろん皆で決めたギフトであれば何でも良いと思います。ただ、毎年…となると、普段忙しい中での上司ギフト会議になるので、ちょっと考えるのも大変になってきますよね。

そんな時は、例年と同じジャンルのアイテムを選べば良いと思います。無理にあらゆるアイテムに広げる必要もなく、むしろ上司の趣味嗜好や好きなモノが解っていれば、掘り下げてあげるほうがイイですね。もし毎年「お酒」をギフトしているなら、全国にある酒造から1つを選べば良いわけですし、恐らく毎年途切れることなく迷うことなく決められると思います。

上司へ贈るギフト選びのコツは、同僚やチームが一緒になって贈る方法をとるのがベターなようです。ギフト選びは難しく考え過ぎず、同じカテゴリー/ジャンルのアイテムを毎年贈る方法で問題ありません。

上司が喜ぶギフト

難しく考える必要もなく、本人が喜ぶものであれば何でも良いというのが結論ではありますが、上司という立場や状況を踏まえたギフトを選ぶというのは大切なことかもしれませんね。

上司が楽しむ機会をつくる

「楽しむ機会」を贈るというもの立派なギフトのひとつです。普段、会社や部下を思うあまりに、厳しい選択や辛い立場になることが多い上司は、日々のストレスもやや高いと言えるでしょう。上司も同じ人間ですので、ちょっとした息抜きや楽しみがあってもイイですよね。

プチパーティーを開催したり、いつもの飲み会の延長で、サプライズギフトを用意したりするのもいいでしょう。

また、普段皆さんが見ている上司も、一歩会社を出れば「嫁の尻に敷かれる夫」であったり、ひとり寂しく夕食を迎える「独身男」かもしれません。社外で楽しめる「体験系ギフト」や、自宅でこっそり楽しめる「工作系ギフト」など、『会社以外で楽しむ場』をつくるという点では最適なギフトと言えますね。

上司が喜ぶギフト

日頃からの感謝を込めて会社を巻き込む

いつもお世話になっている上司は会社にとっても有益な存在です。そんな時はぜひ社長や役員も含め、会社を巻き込んでのイベントにしてしまうのもありでしょう。まだまだ日本の文化では馴染みにくいことかもしれませんが、「誕生日休暇」「昇給休暇」「退職記念」など、会社からのギフトをつくるのも良いかもしれませんね。(やや願望ですがw)

会社を巻き込むポイントは、「会社が」「チームが」自分のことを考えてくれているという、解りやすい表現をするための手段のひとつです。もちろん休暇などは難しい選択かもしれませんが、感謝のキモチや言葉を投げかけるのは、会社やチームにとっても有益なことでしょう。

日頃からの感謝を込めて会社を巻き込む

皆で使うものよりワンランク上質なモノ

普段、会社や仕事で使う道具/工具から、デスクや外回りなどで使える小物やツールなどがギフト対象になることも多いでしょう。そうした際に選ぶポイントは「ワンランク上質なモノ」であるかどうかですね。

皆で使うものよりワンランク上質なモノ

もちろん選ぶアイテムが持つポテンシャルは一般的でも問題ないでしょう。ですが、「上司」という立場に配慮したギフトを選ぶというのも大切です。「上質=高価なモノ」というわけではありませんが、素材や性質にこだわりを持ったアイテムであったり、限定製品であったりなど、ちょっとした「特別感」を演出するのも効果的です。

上司が喜ぶギフトは、上司が楽しむ機会を設け、会社や役員も絡めた皆でお祝いするのが良いでしょう。ちょっとした特別感を出したい時には、普段使うものに「ワンランク上」のスパイスを効かせることで演出できます。

個人から上司へ贈るのに最適なギフトの選び方

社内での慣習もなく、だけども特別な機会なのでお祝いを贈ろうと考えている人は、同僚やチームで選ぶギフトとはちょっと違う視点で考えても良いと思います。

家族や恋人に贈るつもりで

同じギフトでも、上司本人が楽しんだり喜んだりするギフトもあれば、その背景にある「家庭や家族」「恋人や友達」などが喜ぶ贈り物を選ぶのもひとつですね。嫁や子供の機嫌がよければ上司も嬉しいものです。家族や恋人と楽しめる旅行券、USJやディズニーランドの招待券などもお勧めのアイテムですね。

個人から上司へ贈るのに最適なギフトの選び方

家で使うモノ

会社で使うものとなれば、同僚や周囲の目に触れることもあるため、個人的な贈り物をするなら「自宅で」使えるモノを贈るのが良いでしょう。できれば消費/消耗できるようなモノがベターな選択と言えますが、上司の生活スタイルや好みの情報をリサーチできているならば、様々なアイテムを選択肢に入れることができると思います。

家で使うモノ

フィードバックが得られるモノ

個人からのギフトの場合、個人的関係を深める要素もあります。そのため、後日上司が使った体験や経験したことなど、感想や話のネタになるような「フィードバック」を返しやすいモノを選ぶのも良いでしょう。食べ物であれば「◯◯美味しかったよ」とか、頭脳系グッズなら「◯◯が難しくって」とか、調理系グッズであれば「あの時短レベルはヤバイな」とか…感想を言いやすいモノであれば、話も弾み、互いのことをもっとよく知るためのチャンスを作れます。

個人的な上司へのギフト選びのポイントは、「上司の家族や恋人」に贈るつもりで選ぶと喜ばれやすく、会社ではなく自宅で使えるモノにすると良いでしょう。また使った後の感想など、フィードバックが得られるモノを贈ると、今後の話題提供にも繋がり、上司とより強固な関係を築けていけそうです。

上司へのギフトを選ぶ時に注意しておきたいこと

ある程度、上司へ贈るギフトの選び方は見えてきたと思います。そこで実際に上司へギフトを贈る際に注意しておきたい点をいくつか確認しておきましょう。

最低限のマナーは守ろう

時代とともにマナーも変化しつつあるのですが、目上の先輩や上司などへ贈るギフトを選ぶ時に回避しておいた方がよいアイテムも幾つかあります。例えば「刃物」や「時計」などは、『刻む』という意味合いもあるため、「縁を切る」などの連想に繋がるアイテムとされています。

また、「櫛(クシ)」は語呂になぞって「苦/死」を連想させるのでタブー。白いハンカチや菊(シクラメン/紫陽花なども)なども仏事を連想させるためNGとされています。とくに花などは本数(4/9/13本)までにも気を遣う必要があるでしょう。

現代ではどうなのか?と思うこともあると思いますが、ある程度マナーにも配慮したギフト選びをするのは必要ですね。

上司へのギフトを選ぶ時に注意しておきたいこと

媚を売らない

これは解りやすく言うと「高価過ぎるモノ」が該当すると思います。確かに贈り手が選べるモノで、貰い手(上司)が喜ぶから…という理由があったとしても、あまりにも高価なモノを贈るのは避けておく方がよいですね。自分では意図していなくても、もしかしたら上司が「こいつ媚売ってるな」と思うかもしれません。

そうしたシタタカな部分を見られてしまうのは、贈り手にとってもマイナスでしかありませんので注意したいところですね。

媚を売らない

プレッシャーを感じさせない

上司といえども金銭的に余裕がある人とそうでない人がいます。そのため、皆さんから高価なギフトを貰ってしまうと、お返しなども含め、上司が誰かにギフトを贈る時に困ってしまいます。そうした事からあまり過度なプレッシャーが掛からないようなモノを選んであげることも優しさです。

ギフトを贈り合う良好な関係を保つために、お互いが重荷にならないような工夫も必要だと思います。

プレッシャーを感じさせない

まとめ

上司へ贈るギフトは、ギフトを贈るシーンに応じて、予算やギフトアイテムを選ぶ必要がありますね。同僚やチームで予算を組んで、皆からのギフトとして贈るのがライトなギフト方法です。集団と個では贈るギフトの選び方やアイテムも変わってくるため、別の視点で考える必要があります。また目上の人へ贈る時の作法にも配慮した選び方をする必要がありそうですね。

対象人物から選ぶギフト

彼氏や男友達など、『対象人物』ごとにフォーカスしたギフト選びの方法をご紹介。「彼氏へ贈るギフトの選び方」と「父親へ贈るギフトの選び方」まったく異なります。贈り手(あなた)から見た対象者に対して、どんなギフトを選べば良いか、どのような選び方をすれば良いのかをまとめました。

  • 彼氏へのギフト
  • 男友達へのギフト
  • 父親へのギフト
  • 旦那へのギフト
  • 祖父へのギフト
  • 上司へのギフト

関連記事

おすすめの特集

GOOPS|インフォメーション 男性が喜ぶギフトが全国送料無料
ZEROMISSION ヤマト工芸
AOZORA CHIKUNOLIFE
YOSHITADESIGN HARAGUCHI TOUJIEN
MORE TREES budori+Corporation
Twitter Facebook
Pinterest Feedly
はてなブックマーク Google+
Pocket Sumally
ページ上部へ戻る