男性が喜ぶギフト特集

男友達へ贈るギフトで困ったときに参考にしたい「ギフト選びのポイント」

男友達へ贈るギフト選びに困っている女性はたくさんいるのではないでしょうか。男友達はどんなモノが欲しいのか、関係を壊さない調度良い程度のギフトは何だろう…考えれば考えるほどギフト選びが面倒になってしまいますね。今回は「男友達へ贈るギフト」を選ぶ時に抑えておきたい「ギフト選びのポイント」を幾つかご紹介したいと思います。

男友達へ贈る、ギフト選びで困ること

男女間での友情が成立するのかしないのかの議論がありますが、そこを語りだすと心理学的知見からのお話になり長くなりそう…。ちょこっとだけ説明しますと、「愛と好意と感情」が交差することで、男女間の友情が成立するかしないかが決まるようです。つまり「有りえるとも言えるし、有りえないとも言える」というのが結論になるようです。条件や状況によって変わるお話なので、「◯◯の場合は」「◯◯だったら」で全然違った結果になりますね。

男友達へ贈る、ギフト選びで困ること

ということで、今回は「男女間の友情」という重たい議論はさておき、もっとライトな関係の男友達へ贈るギフトをお題に解説したいと思います。『彼氏へ贈る、ギフト選びで困ること』でもギフト選びに関する悩みや問題を記載していますが、加えて男友達ならではの問題が出てきますね。

[男友達へ贈る、ギフト選びで困ること]

  • 調度良い価格帯の判断がつかない
  • 関係性に配慮した選び方が必要(重くなり過ぎない/勘違いさせない)
  • 気のある男友達へ贈るギフトの選び方が解らない

    特有の難しさがありますね。どこまで気を抜いて良いのか解りづらいですし、かと言って悩み過ぎるのも嫌ですし、できれば良好な関係を維持しつつ、サクサクっと男友達へのギフトを決めてしまいたいというのが本音でしょうか。何週間も悩むのはもったいないですよね。

    サクサクっと男友達へのギフトを決めてしまいたい

    それでは男友達へ贈るギフトを選ぶためのポイントを幾つかご紹介していきたいと思います。

    男友達へ贈る、ギフト選びのコツ

    女友達とは違い、彼氏でもない微妙な関係の「男友達」に贈るギフト選びは大変ですよね。もしかしたら彼氏よりも気を使うかもしれません。ライトな男友達と、気のある男友達とでは起こすアクションも異なりますし、意外にも判断が難しいと思います。そんな時に参考にしたい、男友達へ贈るギフト選びのコツをご紹介。

    予算は幾らぐらいで選べば良いか

    多くのアンケートや統計などの調査結果を基に判断すると、男友達へ贈るギフトの予算は『4,000円から10,000円まで』の幅が一番多く見られました。ライトな男友達から、ちょっと気のある男友達までが入ることで、やや予算の幅が広いようですね。一方、女友達へのギフト予算は『7,000円から10,000円まで』が多く、範囲が絞りこまれている特徴です。

    男友達へ 4,000円~10,000円
    女友達へ 5,000円~7,000円

    「ライトな男友達へは4,000円までのギフト」を選ぶことで、手抜きもなく、良好な関係性を保つのに調度良い価格帯と言えるでしょう。また「好意のある男友達へは10,000円までのギフト」を選ぶことで、重くなり過ぎず、ライトな関係の男友達よりも少し気にかけている印象を与えてくれる価格帯だと言えますね。

    予算は幾らぐらいで選べば良いか

    勘違いさせないギフトの選び方

    予算を決めるのは贈り手次第なので、自由な価格帯からギフトを選べば良いのですが、ライトな男友達へのギフトを贈るときに「勘違い」をさせたくないですよね。もちろん相手を気遣って、プレッシャーを与えたくないという気持ちも含め、上手な選び方をしないといけない面倒さがあります。

    • ちょっとした小ボケ要素を入れる
    • 男友達が驚くようなモノは対象から外す
    • 「楽しい」や「便利」に軸を置き、「格好いい」や「ステータスを上げる」ようなモノは避ける

    意外にもシンプルなのですが、要は『彼氏や旦那さんに贈らないモノ』が対象になんですね。少しふざけた小物や雑貨などは価格帯もリーズナブルで、後腐れもなく気軽に贈れるギフトのひとつです。楽しめるアイテムや、日々の生活が少し便利になるアイテムなどが最適です。

    勘違いさせないギフトの選び方

    一方NGなのは、贈り手自身が良く思われたいという気持ちが強くでてしまうあまり、男友達が格好良くなるアイテム、ステータスが上がるようなアイテムを選んでしまうことです。喜ぶだろうなという気持ちもありますが、格好良くなってもらったり、ステータスを上げてもらうのは「彼氏や旦那さん」の方がいいですよね。

    ハイブランド製品や高級品などを贈られると男性はちょっと驚いてしまうので要注意ですね。「ここまでしてくれる…」と思わせてしまうと勘違いの始まりです。男性は勘違いマシンだと思ってください。軽いソフトなボディタッチですら、「コイツ俺に気があるな…」などと思う動物ですw

    男性は勘違いマシン

    手間を省きつつ失敗しにくいギフトの選び方

    まずは「A君は◯◯系」「B君は□□系」「C君は△△系」という『属性』を決めてしまいます。例えば、「ビジネス系/アウトドア系/女子力高い系」など何でもOKです。次に「場所」を掛けあわせます。大きく分けると「屋内/屋外」、もっと細かく分けると「屋内のキッチン/屋内のトイレ/屋外の公園/屋外の駅」などですね。

    また別の方法は「シーン」ですね。「雨の日」「デートする日」「寝るとき」など、シーンを掛け合わせるのも有効です。

    • ビジネス系×屋外(駅)=ICカードの出し入れがし易い専用パスケースとか
    • アウトドア系×屋内(キッチン)=アウトドアでも使えるキッチンツールとか
    • 女子力高い系×寝る時=保湿効果の高いメンズ美容液とか

    このような感じで絞り込めれば、選ぶアイテムがかなり限定されてきます。あとは予算内で調整するだけで選べますね。こうすることで失敗しにくいギフトを選ぶことができます。また手間を省くための技は「系統を変えない」ということです。とくに毎年訪れる誕生日にはどうしようかと悩むものですが、「今年も◯◯系」で大丈夫です。もちろん系統が変わってしまった場合は柔軟に対応が必要ですが、IT系の料理男子には「IT×料理」に関連したアイテムを毎年選べばOKです。

    手間を省きつつ失敗しにくいギフトの選び方

    二人の関係を深めたい時の選び方

    気のある男友達への贈り物は、これからずっと深い絆を構築するうえで重要なターニングポイントになりますね。それだけ気合も入りますし、悩んでしまうと思います。恐らくこの場合、ライトな男友達よりも予算を大きく考えている人が多いと思いますので、選択肢が増えますね。(4,000円以上~10,000円未満の範囲)

    ライトな男友達への贈り物を選ぶときには、「格好いい」や「ステータスを上げる」ようなモノは避けるべき…とお話しましたが、今回は『逆』です。気のある男友達へは「格好いい」や「ステータスを上げる」ものを贈るのが有効です。もちろんそうでないとイケナイわけではないのですが、「もしかして…」を匂わすのは重要な一手ですね。

    二人の関係を深めたい時の選び方

    しかし、気をつけたいのが『重くならない』ようにするべきです。あまりに高額なモノやハイブランド製品を贈ってしまうと、やはり驚かれてしまうので「さりげなく」がポイントになります。ギフト選びの方法は、先ほどご紹介した「掛け合わせ」の手段で問題ありません。

    贈り手が考えた属性アイテムに「格好いい」「ステータスを上げる」という要素を付け足すことで、気のある男友達へのギフトを選ぶことができます。

    さて、ここで解りづらいのが「格好いい」という主観的な要素ですね。何が格好いいのかって人それぞれで、サッパリ解らないのではないでしょうか。この様な場合「格好いい」を「スマート」「シンプル」「スタイリッシュ」などに置き換えます。

    「格好いい」「ステータスを上げる」という要素を付け足す

    「営業系×雨の日×スタイリッシュ=仕事で、雨の日に外出するときに使えるスタイリッシュな傘」といった感じで導きます。ビニール傘を持つ男性より、さりげなく洗練された傘を使っている男性の方が格好いいですし、彼の周囲にいる人達からも「おっ良いモノ持っているな」と評価されます。彼の評価を上げることでステータスも高くなりますね。

    気のある男友達が、ちょっと優越感に浸れたり、特別感を味わえる瞬間が訪れたとき、ギフトを贈ってくれた人を思い出します。彼の頭の中に、贈り手現れる回数が、二人の関係性を進展させるポイントになってきます。潜在的にジワリジワリと意識を刷り込んでいくという、若干計算高い感じではありますが、有効打ですねw

    • ライトな男友達へ贈るギフトの予算は「4,000円程度まで」
    • 気のある男友達へ贈るギフトの予算は「10,000円程度まで」
    • 男友達を勘違いさせないギフトは「楽しい」や「便利」に軸を置いたアイテムにする
    • ギフト選びの手間を省くには「掛け合わせ」方法が有効
    • 気のある男友達へのギフトは「格好いい」や「ステータスを上げる」アイテムにする

    男友達が喜ぶギフトジャンル

    ここまで、男友達へ贈るギフトの選び方のコツをご紹介してきました。それでは、実際にどのようなジャンルのアイテムが喜ばれやすいのかご紹介したいと思います。

    使い切りできる消耗品

    気取ったアイテムも嬉しいけど、「消耗品」は気負いなく頂けるため、貰って嬉しいジャンルのギフトです。女性目線で、これ使うと女子ウケ良いよ…と言う「バスグッズや香り系グッズ」などは嬉しいですね。誰しも男はモテたい願望が少なからずありますので、女性の視点で選んでくれると有り難い気持ちでいっぱいです。

    味覚の系統を知っていれば「食べ物」もギフト候補にできるますね。珈琲好きの男友達なら、「◯◯でブレンドされた珈琲」「◯◯で精製された珈琲」など、『+1』の要素を入れるとギフト感が高まります。有名店のものよりは、独自でこだわりをもったアイテムの方が良いでしょう。有名店で扱われている製品は、やはりどこでも気軽に手に入れやすいことから、「お返し」や「挨拶」などの時に使うのがベターです。

    男ならではの悩みや問題に踏み込んだモノ

    ニオイや体臭などに無頓着だけども気にしている男性は意外にも多いです。でも、どれが良いのか解らないという問題から、ケア製品などは自分で買わないという男性が多いです。そのため、日頃から美容や身だしなみに気を遣う、女性が選ぶケア製品にはかなりの信頼をもっています。

    口臭や体臭、頭髪や頭皮、肌の保湿や改善など、男性が抱える悩みを解決するアイテムは有効です。ただし、コンプレックスに踏み込む問題ですので、「良かったら使ってみて」「学校の先輩や会社の同僚がオススメしていた」など、間接的な言い回しを添えて贈る必要がありますね。

    男ならではの悩みや問題に踏み込んだモノ

    今話題の…

    電子機器やハイテク製品、男友達が興味や関心を持つジャンルの製品は、「新しい」「最新式」「今話題の」などのアンテナが高く、ギフトとして贈るにはハードルが高いアイテムだと言えます。ですが、男性に限らず興味/関心をもつジャンル以外の情報は疎いものですよね。そんな時、幅広く「人気や話題」に強い女性特有の強みを活かすのも有効です。

    対象にしやすいジャンルは「炊事」「洗濯」「掃除」の3つです。もちろん得意な男性もいるでしょうが、その場合は「屋外で使える炊事/洗濯/掃除アイテム」をチョイスすると良いでしょう。日々、時間や作業効率を高める秀逸なアイテムが生まれていますし、デザインに凝ったアイテムも沢山あります。トレンドに敏感な女性だからこそギフトにぴったりなアイテムを見つけやすいと思います。

    時代に合ったモダンなアイテムから、ノスタルジックな雰囲気漂うレトロなアイテムまで、「良さ」や「便利」を追求した素晴らしい製品がきっと見つかると思います。

    • 使い切りできる消耗品や、後に残らないアイテムはギフトし易いジャンルのひとつ
    • 男性特有の悩みを解決するアイテムは、女性ならではの気配りで好印象を与える
    • 今話題の流行性あるアイテムは、ギフトジャンルを絞り込む上で有効

    デキる女と思わせる、男友達への贈りもの

    どうせなら、ちょっとデキる女と思われたいですよね。粋なギフトや奇抜なアイテムで印象を残すとも一手ですが、「おっ考えているな!」と思わせるギフトやアクションを起こす方が記憶に残りやすく、感情に訴求しやすいのでオススメです。

    デキる女と思わせる、男友達への贈りもの

    メインではなくサブを狙う

    フムフム「サブが良いのね」…って「サブってどうい事よ?」と悩むかもしれませんが、とても簡単なことです。生活する上で必要な製品って何があるでしょうか。「洗濯機/冷蔵庫/電子レンジ/エアコン/テレビ」などの製品から、「ソファ/ベッド/テーブル/椅子」などの家具まで色々あると思います。これらに該当する製品はすべて『メイン』です。

    「洗濯機用の◯◯」「冷蔵庫で使える◯◯」「ソファーに合う◯◯」「テーブルを飾る◯◯」といった◯◯が「サブ」ですね。女友達からメインのアイテムを頂けると嬉しいのですが、友達という関係性においてのギフトとしてはどうでしょう。。。ちょっと違う気がしますね。メインは彼女や奥さんなどのパートナーに譲るべきです。

    例えば、洗濯時に使う「洗剤や柔軟剤」を入れるための「専用ケース」だったり、冷蔵庫の中を効率よく冷やすためのグッズだったり、安眠を促進する寝具や肌触りの良いベッドカバーだったり、補助を促す製品を選ぶと良いでしょう。「サブ」は『メインの効率や効果、性能を高めるモノ』が対象になるわけですね。

    メインではなくサブを狙う

    男友達の評価やステータスを上げるモノ

    少なからず心のどこかで見栄を抱えるのは男性の常。周囲から注がれる「羨望の眼差し」を感じる時、やはり気持ちの良い心の満足を得ることができます。「褒める」「感謝する」というジャンルがあるように、「立てる」というのはひとつのカードになるでしょう。

    とくに気になる男友達へ贈るギフトを選ぶ時には、彼が周囲から受ける評価が高くなるように考えて上げると良い結果につながりやすいです。ただし、贈る時に添える言葉には注意が必要です。「◯◯君なら□□を持っても遜色ないと思うから」…のような言葉はNGです。完全に上から目線としか思いません。「その判断はキミがするの?」「僕はキミに評価されるの?」ってなっちゃいます。

    男友達の評価やステータスを上げるモノ

    …の様に、『理想な人物像』や『権威や特別を感じる』言葉を添えるのが良いでしょう。にしても、贈る言葉ひとつ気を遣う男っていやはや面倒ですねw

    メッセージカード

    気のある男友達には必須です。さまざまな男性が喜ぶギフトの中に必ずランクインするマストアイテムとも言えます。つまり特別なモノより、特別なキモチの方が嬉しいんですね。贈る言葉の構成は、「感謝/謝罪/将来」の3つを折り込みます。

    [感謝]
    いつも有難う。嬉しい。良かったなど、有り難いと思うキモチをストレートに。

    [謝罪]
    いつもごめんね。もっと◯◯してれば良かったなど、ちょっぴり弱さと素直さを盛り込みます。

    [将来]
    今度は◯◯に行きたいな。次は◯◯な面も見せてね。といった、ほんの少しだけ将来的なキーワードを入れます。

    感覚的には「感謝(5):謝罪(3):将来(2)」ぐらいで構成すると良いでしょう。友達という関係性のまま渡すギフトなので、文章は長くなり過ぎると重くなってしまいます。ハガキ1枚程度におさまる程度の文章量が無難です。注意すべき点は「将来」ですね。「必須の約束」にしないことが肝心です。男性は、催促や義務を感じることを嫌がります。あくまでソフトに自分の要望を入れつつ、男友達が「選べる」状況を残しておくことが重要です。

    ライトな男友達には「誕生日おめでとう」「いつも有難う」程度の簡単な一言で抑えておきましょう。社交辞令に徹するのがベターです。

    メッセージカード

    男友達へのギフトを選ぶ時に注意しておきたいこと

    身に着けるものはタブー

    長く愛用してもらえるようなギフトを選ぶことは、とても素敵なことだと思います。ですが現在の関係性を考慮した上で、「彼女」や「パートナー」でない段階では、『身に着けるモノ』を贈るのは避けたほうが良いですね。もちろんファッション要素の高いアイテム(帽子/サングラス/バングルなど)は、貰い手自身が抵抗なく使えるため、ギフト候補として選ぶのは良いと思います。

    ですが指輪やネックレスなどはどうでしょうか。人目につきやすいアイテムなため、身に着けないといけない義務感が生まれてしまいます。こうした類のギフトは「彼女」や「パートナー」という、彼にとって特別な存在の人だけが贈れる特権だと考えておきましょう。目安は「気軽に使えるかどうか」で判断しましょう。

    身に着けるものはタブー

    手作り菓子などは皆で食べられるもの

    手作りは諸刃の剣です。好意を寄せる相手からの贈り物であれば、モノがどうこうよりも「手作り」という時間や労力を割いてくれた事が嬉しいと感じます。ですが「友達」という関係性において、手作りはややヘビーに感じます。このような場合は、「皆で楽しめる」「皆が食べられる」といった集団で共有できるものにしましょう。

    もし気のある男友達に贈るなら、「一緒に食べる」ことをお勧めします。一緒に時間と体験を共有することが大切で、マズくても一緒に笑えます。少しでも彼が意識をしている存在であるならば、喜んで受け取ってくれますし、嬉しいギフトのひとつになるのは間違いなしです。

    ただし、手作りアイテムは「消化/消耗」できるモノに限ります。マフラーやニット、ハンドメイドで作った作品などはヤメておきましょう。残るものは尾を引きますし、人目に触れるものは手作りしないに限ります。

    手作り菓子などは皆で食べられるもの

    ラッピング

    ラッピングに関しては、注意というよりはアドバイスになります。大抵の男性はガサツです。ラッピングにまで注目している男性はなかなか稀だと思います。なので高級な包装や、手の込んだ包装は正直必要ありません。丁寧に手間暇かけてキレイに包装して、リボンや飾りをあしらって…などは一瞬でグシャグシャっとされて終わりです。(何とも悲しい現実ではありますがw)ラッピングや包装に掛けるお金はギフトに回す方が良いでしょう。

    しかし、女ゴコロとしては気になる男友達へはそうもいきませんよね。その場合、派手な装飾よりも包装紙の色や生地に少しだけ注意を払うと良いでしょう。

    男性へ贈るギフトの「色」を、絶対に失敗したくない時に読んでおきたいお話」でも触れているのですが、選ぶ色は「青系」が効果的です。やや深めの濃紺などは、落ち着きもあるのでオススメの色です。

    ラッピング

    男友達へギフトを選ぶ際は、身に着けるようなアイテムや手作りアイテムは避けるのがベターです。男友達という関係性を崩さないように、踏み込み過ぎないアイテム選びが重要になってきます。

    まとめ

    男友達へ贈るギフトは関係性や状況なども相まって、なかなか面倒くさいですね。自分の立場を意識しつつどこまで踏み込めばよいのか、判断が難しいと思います。ライトな男友達であれば、手を抜きつつ笑ってギフトを贈り合えると思います。もう少し関係性を深めたい、気になる男友達へは二人の調度良い距離を保ちつつ、小さなアピールをコツコツ積み重ねることが大切かもしれませんね。

    対象人物から選ぶギフト

    彼氏や男友達など、『対象人物』ごとにフォーカスしたギフト選びの方法をご紹介。「彼氏へ贈るギフトの選び方」と「父親へ贈るギフトの選び方」まったく異なります。贈り手(あなた)から見た対象者に対して、どんなギフトを選べば良いか、どのような選び方をすれば良いのかをまとめました。

    • 彼氏へのギフト
    • 男友達へのギフト
    • 父親へのギフト
    • 旦那へのギフト
    • 祖父へのギフト
    • 上司へのギフト

    関連記事

    おすすめの特集

    GOOPS|インフォメーション 男性が喜ぶギフトが全国送料無料
    ZEROMISSION ヤマト工芸
    AOZORA CHIKUNOLIFE
    YOSHITADESIGN HARAGUCHI TOUJIEN
    MORE TREES budori+Corporation
    Twitter Facebook
    Pinterest Feedly
    はてなブックマーク Google+
    Pocket Sumally
    ページ上部へ戻る