男性が喜ぶギフト特集

男性へ贈るギフトの「色」を、絶対に失敗したくない時に読んでおきたいお話

彼へ贈るギフトを選ぶとき、あなたは「何色」を選ぶのでしょうか?
彼の好きな「色」が何色か知らないと、贈るギフト選びも困りますよね。
赤や青/黒や白/金や銀など、さまざまな色の中から「男性が喜ぶ贈り物に最適な『色』」を今回考えたいと思います。

まずは統計データをご紹介。

男性が喜ぶ贈り物に最適な「色」

引用元:色カラー

男性が好む色の順位は以下の通り。

1位:青色(Blue)
2位:赤色(Red)
3位:緑色(Green)

一方、女性が好む色の順位は以下の通り。

1位:ピンク色(Pink)
2位:青色(Blue)
3位:水色(Light blue)

面白いことに、男性も女性も「青系色」が好まれるようですね。
では、NG例も確認するために嫌いな色を見てみましょう。

男性が嫌いな色の順位は以下の通り。

1位:なし
2位:ピンク色(Pink)

3位:金色(Gold)

男女に差がなく、「嫌いな色は無い」というのがベースにあるようです。
ですが、嫌いな色の2位「ピンク色(Pink)」は、女性が好きな色1位でしたね。

男性が好きな色|嫌いな色

上記からまとめると、男性に贈るギフトは『青色系を選び、かつピンク色は選んではいけない』という事になりますね。ですが男性が選ぶ製品の色は、多くが「黒」「白」「茶」が多いです。必ずしも「製品の色」というわけではなさそうですね。

では、どうやって「製品の色」を決めれば良いのか…
これは至って簡単な話で、「その製品が持つ性質や特色を反映した色」を選べば大丈夫です。つまり色の効果と製品が紐付いていればOKということですね。

キッチン周りの製品には「銀」「白」

例えば…キッチン周りの製品には「銀」「白」など、光を反射する明るい色を選びます。食材や料理が正しく主役になるための脇役に徹するんですね。

ホビー/オモチャ周りの製品には「茶系統」

ホビー/オモチャ周りの製品には「茶系統」など、木や土の様な自然を感じさせる色が最適で、暖かみや居心地の良さといった安心感が生まれます。嗜好品であるからこそストレスの少ない色を選ぶんですね。

ビジネス系の製品には「黒」「銀」

ビジネス系の製品には「黒」「銀」など、強さや権威、神秘的な雰囲気や高級を感じさせる色がベターです。ビジネスという勝負の世界でもある空間において、常に比較の対象にさらされる男性は、色から勝負です。

ここまでで、男性へ贈るギフトを選ぶ時、選択しておきたい色は「青系色」である。贈るギフト(製品)自体は、「製品の特性」と「色の効果」がマッチしている。ということがわかりました。

ちょっと本筋をそれるのですが、こんな情報もありました。

小学生男子の好きな色

小学生男子の好きな色

引用元:学研教育総合研究所

面白いですね。
男性は小学生の頃から好きな色が同じなんですね。
大人になっても好みは変わらないということでしょうか。
良く言えば「子供のまま」ということですね…

「男性が喜ぶ贈り物に最適な『色』」の選び方は、下記2点を抑えればベターと言えるでしょう。

  • パッケージの色、メッセージカードなどの装飾は「青系色」で統一する
  • ギフト製品そのものは、製品の性質と色の効果がマッチしたモノを選ぶ

ただし「好みの色」というのが存在するため、必ずしもこだわる必要はありません。
ですが、もしギフト選びの際に「何色を選べば良いか」解らなくなったときには、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

関連記事

おすすめの特集

GOOPS|インフォメーション 男性が喜ぶギフトが全国送料無料
ZEROMISSION ヤマト工芸
AOZORA CHIKUNOLIFE
YOSHITADESIGN HARAGUCHI TOUJIEN
MORE TREES budori+Corporation
Twitter Facebook
Pinterest Feedly
はてなブックマーク Google+
Pocket Sumally
ページ上部へ戻る