男性が喜ぶギフト特集

旦那へギフトを贈る時に抑えておきたい「ギフト選びのポイント」

新婚ホヤホヤのご夫婦でも、交際期間が長かったりすると「旦那さんへのギフト選び」に困ることもあります。一緒に過ごす時間が長いほど、やり尽くした感が否めず、どうしても子供や親のギフトに力を回してしまいます。そんな旦那さんは諦めつつも、心のどこかではチョット期待してたりもします。何とも切ないですね…。

今回はそんな旦那へギフトを贈る時に抑えておきたい「ギフト選びのポイント」をご紹介したいと思います。

旦那へ贈る、ギフト選びで困ること

友達から彼氏へ、そして「旦那」というボジションに変化したことで、これまで彼氏や男友達へ贈っていたギフトとは少し違う選び方が必要になってきます。まずは旦那へ贈るギフト選びで困ることから振り返ってみましょう。

  • 今更、何を贈れば良いのか解らない
  • これまでに鉄板ギフトは贈り尽くした
  • ギフトを贈っても喜んで貰えない気がする
  • 高いモノだと怒られそうだし、安過ぎるとケチだと思われそう

他にも困る理由はあるのですが、基本的には「ある程度一連の祝い事はやり尽くした感」があり、「もう良いよね?」という感覚から、どうしてギフト選びに力を注げないという、妻側のモチベーション低下が原因のようです。

確かにこれまで幾度と無くギフトを貰ったり贈ったりとし合った仲ですので、何周かすれば「そろそろ…」となるかもしれませんね。ですが同じキモチを旦那がいだき、妻に対して「もういいだろ?」と言われたらどうでしょう。(イラッと来ますねw)

自分がされたら嬉しい事を、そのまま旦那へしてあげればいいんです。小さなギフトが夫婦円満のちょっとしたスパイスだと思えば、ギスギスした夫婦生活をおくるよりは全然いいですよね。ということで、旦那へ贈る、ギフトを選ぶ時間や労力をできるだけ抑えることができるように、ギフト選びのポイントを幾つかご紹介していきます。

旦那へ贈る、ギフト選びで困ること

旦那へ贈る、ギフト選びのコツ

それでは早速、旦那へ贈るギフト選びのコツを見ていきましょう。世の中に溢れる多くのギフト候補を選ぶときに、抑えておきたいポイントや視点をご紹介します。

旦那だけが使うモノ

これまで何度か、旦那へギフトを贈ってきたと思います。ですがいつしか「共同で使えるモノ」になったりしていないだろうか。解りやすく説明しよう。

旦那へ贈る、ギフト選びのコツ
旦那だけが使うモノ
家族で消費/消化できるものがギフト候補

はい。こういう事です。旦那へのギフトは家で使えるアイテムだったり、家族で消費/消化できるものがギフト候補になってしまうんですね。確かにナシではない…だけども何か腑に落ちない感じでしょうか。やはり旦那だけが使うモノをギフトで贈ることが大切なポイントかもしれませんね。

仕事や職場で使うモノ

シーンや場所を想定して選ぶのは正攻法と言えます。何を贈ればよいか迷ったときは、まず「いつ使えるモノか」「どこで使えるモノか」「誰と使えるモノか」を考えると絞り込みやすいですね。とくに日中家で過ごすことの少ない旦那の場合、多くの時間は会社や外で過ごすことになります。その場合、生活拠点は家だけども、活動拠点の会社や外が便利であるに越したことはありません。

いつ×どこで×誰と×何をするのか=ギフト候補
例)昼食時に×会社で×旦那が×食事をする=このシーンで使えるマイボトルをギフトしよう!

また職場で使うアイテムは、生活用品以外でも、旦那が仕事で使うアイテムも候補にあげてよいと思います。この場合、サプライズ感はありませんが、「職場で使えるツールをギフトにしたいんだけど、今狙ってるものある?」とストレートに質問すればいいでしょう。カタログやパンフレットを片手に、あの手この手で妻にプレゼンテーションするでしょう。

仕事や職場で使うモノ

友達や仕事関係者との会話でネタになるモノ

そんなに本気なギフトじゃなくてもOKです。要は旦那の生活にネタを作ってあげることがギフトです。友達や仕事関係者との会話で、ネタになるようなグッズやアイテムをギフトするのも良いでしょう。もちろん可能であればサブギフトとして、メインは料理を作るなり、手紙を書くなりして欲しいところですが…。

ネタ系ギフトでよく勘違いしてしまう人が多いのですが、「ガラクタ」になりそうなモノは候補にしてはいけません。例えば「穴の空いたマグカップ」とか「指を挟んでしまう玩具」とかですよね。数十秒た楽しめますが、その後は引き出しの奥にしまわれて、いつしか無かったコトになります。

「ネタになるモノ」とは、例えば同僚や友達と一緒に楽しめるようなアイテムだったり、「ちょっとコレやってみて」というような会話が生まれるようなアイテムを指しています。

友達や仕事関係者との会話でネタになるモノ

裁量権を与える

これは一番簡単な方法ですね。「何が欲しいか」は旦那に決めさせるという方法です。予算だけは前もって提示して、あとは好きなモノを選ばせてあげればよいと思います。ただし、後から文句は言いっこナシです。妻から見てガラクタに思えるようなモノでも、旦那が選んだモノなので何も言わずにそっとしておきましょう。

ただ、そのまま好き勝手なモノを選ばせるのはツマラナイと思う場合は、ゲーム要素を取り入れることをオススメします。例えば複数候補を紙に書いて、くじ引きで当たったモノを買うことが許されます。外れたクジは今後、二度とクジ箱に入れることは許されません。欲しい物リストで当選しなかったモノは額にでも入れてトイレに飾ってあげましょう。

裁量権を与える

時間や機会を贈る

やってみたい、やりたい、と思っている事も、忙しい毎日を過ごしていれば、どうしても「いつか…」という感じで後回しにしてしまいます。せっかくのチャンスですので、旦那には「挑戦する機会」や「時間」を贈ると良いでしょう。昔は「漫画家になりたかった」という夢をもっていたならば、漫画を書く道具や、小冊子などにしてあげるというのも素敵なギフトです。

人は何かに挑戦したいと思っていても、勇気がなかったり、時間や費用がなかったりして出来なかったことも沢山あります。ボルダリングやラフティングに挑戦してみたり、写真が好きならこっそり個展を開いてみたり、意外にも一緒にやってくれる人がいればカタチになるもんです。なかなか思うようにつくることができない「機会や時間」をギフトにするのはオススメです。

時間や機会を贈る

旦那が喜ぶギフトの渡し方

旦那へのギフトは皆さんどうやって渡しているのでしょうか。とくに前触れ無く、「はいどーぞ」的な渡し方や、寝室に隠しておいて後から渡したりする感じでしょうか。ちょっとした渡し方の工夫で、ギフト感が増しますので、次はいつもと違う贈り方をしてはいかがでしょうか。

感謝+愛情を添えて

何より代えがたいものは感謝のキモチと奥さんからの愛情ですよね。いくつになっても嬉しいもので、普段言えないことも言葉にしてみたり、手紙にしてみたりするのは効果抜群です。お互い照れくさいのもあるでしょうが、嬉しくない旦那はいないのではないでしょうか。

ちなみに男性が喜ぶギフトに必ずランクインするのは「手紙」です。男性より、想いやキモチを言葉にするのが上手な女性だからこそ、ぜひギフトを贈る機会に合わせて「手紙」を贈ってはいかがでしょうか。案外、奥さんからの手紙は捨てられず、そっとクローゼットのマイボックスに貯めているかもしれませんねw

感謝+愛情を添えて

子どもと一緒に

やや計算高い手段ではありますが、「子供と一緒に贈る」のは効果テキメンです。まずは子供たちからのギフトでキモチを高めてあげましょう。そして、子供たちと「一緒に作った」とか「一緒に選んだ」という流れで、後から妻が贈るギフトを渡すとよいでしょう。子供たちと一緒に選んだとか言われたら文句も言えないですしね。

このポイントは、きちんと「家族で旦那にギフトを贈る機会を楽しむ」ということです。誕生日だったり、特別な記念日だったり、どんな時でも幸せを感じる時間は家族で共有することが大切です。一緒に過ごす子供たちや親類も、心あたたまる時間になりますし、ほのぼのタイムを皆で満喫できます。

子供たちにとっては、ケーキや美味しい料理にありつけるチャンスですし、テンションもきっと高くなるでしょう。ハッピーな時間はみんなで共有し、積み上げていく思い出作りをして欲しいと思います。

子どもと一緒に

タイミングは帰宅直後ベスト

焦らして焦らして後から渡すのも良いかもしれませんが、実は焦らされるほど「期待」が上昇してしまいます。これは贈り手である妻にとっては大変プレッシャーです。もし気に入らなかったらどうしよう…などの不安はどうしても残りますので、さらに追い打ちをかけるような場をつくるべきではありません。

また、帰宅した直後というのは気が抜けているもので、サプライズとまでは言いませんが、「思いもよらないタイミング」ではあります。そうしたタイミングを上手く活用することで、嬉しさも倍増します。

タイミングは帰宅直後ベスト

ワンランク上のギフトを旦那に贈りたい時

毎年、毎回、手の込んだ特別なギフトを贈るのは大変ですが、数年に1回や大切な節目などには、ワンランク上のギフトを贈るのもの良いと思います。それではちょっと捻ったワンランク上のギフトはどんなモノか考えていきたいと思います。

特別感を出すために

これまでに贈ってきたギフトを振り返っていただくと、「断片的なモノ」が中心なのではないでしょうか。「ポロシャツ」「靴下」「ジャケット」などのファンションアイテムであれば、それぞれの部位に合わせてギフトを贈ってきたのではないかと思います。

そこで特別感を出すために、今回は「全身」をコーディネートしたギフトにしましょう。いつものギフトなら部位ごとだけど、今回は特別に上から下まで全身です。何なら専属のコーディネーターに依頼して、「格好いい旦那」に仕上げてくれるよう依頼するのもありでしょう。

洋服などのオシャレに敏感な旦那さんなら、一緒に美容院に行って、「ヘッドスパ」から「ネイルケア」まで、美の追求を一緒に楽しむのもアリだと思います。なかなか経験しない事ですので男性にとっては楽しく、また新鮮な時間になると思います。

特別感を出すために

ステータスを高めるために

女性もそうですが、男性も「憧れの◯◯」というを持っています。少し極端な例を挙げますが、「一度はフェラーリに乗ってみたい」「パテックフィリップの腕時計を着けてみたい」「デローザやピナレロの最高級ロードバイクで街を颯爽と駆け巡りたい」…などなど。

誰しもが持つ「憧れの◯◯」に関係したアイテムや体験をギフトするも良いでしょう。特に男性においては自分を高めてくれる様な、ステータスが高くなるようなアイテムを喜びます。そういった男心をくすぐるギフトを貰った日には興奮が止まりません。もちろん、「利便性の高いアイテムの方が良い」という方もいらっしゃいますが、それは奥さんがご存知ですね。

「憧れの◯◯」ですが、単純に持つことでステータスを高めやすいモノなら、老舗ブランドのアイテムがオススメです。ジャンルは「革小物や鞄」「スーツや服」「靴や時計」など、普段でも仕事でも使えるようなモノが鉄板ですね。どんなジャンルでも、誰もが信頼する老舗があるものです。もちろん旦那さんのスタイルもありますので、アイテムに負けないよう上手に選択してもらえればと思います。

ステータスを高めるために

リメイク

旦那がずっと使っていたモノ、幼い頃、若い頃の愛用品などを「リメイク」し、現在に蘇らせる方法ですね。思い入れが強く今でも使えないけど大切にしているモノや、使い古したけども捨てずに持っていたモノなど、「もう一度使える状態」に修理や調整をしたものをギフトするなんて粋な感じですね。

新品とはいきませんが、使い込んだ使用感が味となり、新たに調整や修理したことで、もう10年/20年と使うことができるアイテムに大変身。本当に良いモノなどは何世代にも渡って使えることから、もしかしたら子供や孫にも贈れるギフトになるかもしれませんね。

時計やバッグ、靴や帽子、スーツや革小物など、リメイクできるアイテムが沢山ありますので、もし旦那が「以前使っていた」というアイテムがあれば、次のギフトはリメイク品を贈っても良いかも。

リメイク

旦那へのギフトを選ぶ時に注意しておきたいこと

いかがでしょう。旦那へ贈るギフトの選び方について、ザックリですが理解いただけたかと思います。さて、そんな旦那へ贈るギフトを選ぶ時に注意しておきたいポイントを最後にご紹介しておきます。

希望があれば可能な限り添ったモノを

もし旦那が「◯◯が欲しい」「◯◯でいいよ」といったギフトに対してリクエストをしてきた場合、できるだけ希望に添ったギフトを贈ることを心がけましょう。リクエストの多くは、負担も少なく贈り手にも配慮したアイテムを選んでくれていると思います。もし予算や都合がつかない場合は、それはそれで正直に伝えると良いでしょう。

「(妻)何が欲しい?」と聞いといて、「(夫)◯◯が欲しい」と答えたにもかかわらず、全く違うモノを贈られると旦那は驚くことでしょう。「◯◯が欲しいと聞いてくれた=買ってくれる」に変換してしまうんですね。(まぁ自動変換自体がそもそも誤解の始まりなんですがw)

手抜きはバレる

よっぽど鈍感な旦那でなければ、「手抜き」はバレます。例えば誰かから頂いた贈り物を旦那用のギフトにしたり、百均やディスカウントストアで購入したアイテムをそのままギフトにしたり、明らかに旦那の趣味嗜好とはかけ離れたモノをギフトにしたりがそうでしょうか。

どうにも自分の事を考えて選んでくれたはずのギフトが、脱力感ある「手抜き」をされてしまうとガッカリです。「手抜き」自体は悪くないのですが、『旦那の事を考えた上でのギフトになっているか』というのが大切なんですね。モノ自体は何でも良いのですが、そこに「旦那」の色が無いのでは台無しになってしまいますね。

手抜きはバレる

キャラクターモノ

旦那の好みにもよるのですが、特別好きなキャラクターがない限りは「キャラクターモノ」のギフトは避けるのが無難です。

キャラクターモノを避ける理由は、本来「モノ」が持つ魅力や便利/快適さなどよりも、キャラクター自体が先行してしまうため、「モノ」を持つことで得ることができるステータスが下がってしまうからなんですね。「1.キャラクター/2.モノの魅力/便利/快適」といった順番になってしまうということです。

女性から見て描かれたキャラクターは「可愛い」と思うかもしれませんが、男性から見ればただの「絵」です。「可愛い」よりも「格好いい」ギフトを選ぶようにしたいですね。

キャラクターモノ

まとめ

どうしても気を抜いてしまいそうになる、旦那へのギフト。選び方のコツやポイントさえ抑えておけば、悩む時間や労力もいくらか軽減されます。負担が大きいと、つい手を抜いてしまう旦那へのギフトは、できるだけシンプルに、かつ希望を抑えてあげるというのが満足度が高い要素になりそうですね。

無理に高価なモノや特別なモノを贈る必要はありません。普段なかなか口に出して言えない事や、日々の感謝などを手紙にするだけでも十分効果アリです。気負いせず「旦那と一緒に楽しむ」という事を念頭に、ギフト選びをしていただければ、最高のギフト選びができると思います

対象人物から選ぶギフト

彼氏や男友達など、『対象人物』ごとにフォーカスしたギフト選びの方法をご紹介。「彼氏へ贈るギフトの選び方」と「父親へ贈るギフトの選び方」まったく異なります。贈り手(あなた)から見た対象者に対して、どんなギフトを選べば良いか、どのような選び方をすれば良いのかをまとめました。

  • 彼氏へのギフト
  • 男友達へのギフト
  • 父親へのギフト
  • 旦那へのギフト
  • 祖父へのギフト
  • 上司へのギフト

関連記事

おすすめの特集

GOOPS|インフォメーション 男性が喜ぶギフトが全国送料無料
ZEROMISSION ヤマト工芸
AOZORA CHIKUNOLIFE
YOSHITADESIGN HARAGUCHI TOUJIEN
MORE TREES budori+Corporation
Twitter Facebook
Pinterest Feedly
はてなブックマーク Google+
Pocket Sumally
ページ上部へ戻る