男性が喜ぶギフト特集

シンプルと大胆を掛けあわせた、アムステルダムの「ILIASERNST」

私達が毎日を過ごす生活の中にある、身近なインテリア製品から、工業用製品のデザインまで、幅広く手がけています。

今回は、エルンスト・コウニング氏(Ernst Koning)のデザインするインテリア製品の中から、幾つか男性が喜ぶアイテムをご紹介したいと思います。彼のつくる作品は、生活に欠かせないインテリアを基礎とし、「シンプル」と「大胆」が特徴的です。ちょっと普段とは違う世界観や雰囲気が楽しめると思います。

Illumimate

2010年に製作された、彼の人気作のひとつ「Illumimate」です。
電球を型どった薄いボードを重ねて、あえて少ない材料で特大の電球を表現した作品です。

ILIASERNST|Illumimate

電球を電球のカタチで覆っただけなのに、これほどまでにシンプルに飾る電球はありませんでした。
中心部には主となる電球がついており、セパレートされた光が、ボードの隙間から優しく顔を見せます。

Timber

2013年に製作された吊るすタイプのランプ「Timber」です。
木という美しい素材をそのまま活かし、削り出すことで製作された木本来の豊かさをそのま表現しています。

ILIASERNST|Timber

LEDランプを採用し、柔らかい木から明る光が部屋を照らします。
ダイニングテーブルの上に複数並べたり、スポットライトとして、また間接照明のような使い方も可能なランプです。

Tulight

2015年に製作された、落ち着いた色味が特徴的な「Tulight」です。
コードの長さは4Mあり、「吊るす」「掛ける」「置く」「並べる」など、使用者が希望する表現が再現しやすいランプです。

ILIASERNST|Tulight

チューリップを元にデザインされたソケット部分は、どこか優しい雰囲気も持っています。
様々なカラーバリエーションを楽しむことができ、部屋を飾る光の花となってくれます。

Clork

2015年製作後に彼の代表作にもなった小さな置時計「Clork」です。
柔らかく独特なコルク素材とは、一見ミスマッチにも思う金属板のボードが、新しい可能性を広げます。
あえてコルクの難しさを活かし、荒々しいコルクのちょっと歪んだ不完全な円が特徴的です。

ILIASERNST|Clork

実用的な時計とは異なり、目で楽しむための要素が強い置き時計ですが、
ニュアンスを大切にする人にとってはベストな製品と言えます。

Dynamic Desk

パッと見た時、引き出しには取っ手が見当たらない変わった机「Dynamic Desk」です。
引き出すためには、ドア部を軽くタッチすればOK。

ILIASERNST|Dynamic Desk

不要な突起を取り除きたいのかと思いきや、左側にはダイナミックに浮き上がる上昇棚つき。
仕様詳細は解っていないのですが、どうやら3段階の高さ調整が可能で、スイッチで動くダイナミックな電動タイプのようです。

まだまだご紹介できていない作品もあるのですが、
「ILIASERNST」製品はデザイン性とインパクトを重ねあわせた製品が特徴的です。
シンプルだけども、拘りたいという欲張りなインテリアが好みの男性にオススメですね。

ILIASERNST

関連記事

おすすめの特集

GOOPS|インフォメーション 男性が喜ぶギフトが全国送料無料
ZEROMISSION ヤマト工芸
AOZORA CHIKUNOLIFE
YOSHITADESIGN HARAGUCHI TOUJIEN
MORE TREES budori+Corporation
Twitter Facebook
Pinterest Feedly
はてなブックマーク Google+
Pocket Sumally
ページ上部へ戻る