,

毎朝食べるトーストに塗るための「つくる バターナイフ(ひのき:桧)」

 商品名 毎朝食べるトーストに塗るための「つくる バターナイフ(ひのき:桧)」
 価格 1,620 円(税込)  送料 600 円(北海道|沖縄県|離島は別途[ 詳細 ])
 お届け 2-3日 ※地域によって異なります[ 詳細 ]  在庫状況 あり
 商品番号 kitchen-05  カテゴリ KITCHEN

「つくる バターナイフ」とは

「つくる バターナイフ」は、建築材用として使われる丸太を切り出した際にできる端材を使っています。東京/多摩地域の山で育った「多摩産材(認証材)」を使用しています。適正に管理された多摩産材を使うことで、山に茂る木々の循環に配慮/貢献しています。

「つくる バターナイフ」を通して、私たちは自然について学び考えることができます。私達の生活を豊かにする為だけに伐採される森林のコトを考えたり、木が育つまでに掛かる長い時間いついて学んだり、学校で学んだ事を体感することができます。

自分で作ることの楽しみ

「つくる バターナイフ」の最大の楽しみは「作る」ということです。自分だけの完全オリジナルのバターナイフを作ることができます。また自分が作った世界でたったひとつのバターナイフを、大切な人に贈ることもできます。

「つくる バターナイフ」は「削る」「磨く」「塗る」という3つのステップで完成します。どんな大きさ、カタチに削るのかは作り手次第です。バターナイフを大きくしたり、小さくしたり、使いたい用途に合わせて、自分の好みに合わせて大きさを変えることができます。作り上げた作品を磨き、仕上げにミツロウを塗ることで完成します。

つくる バターナイフ|自分で作ることの楽しみ

普段なかなか手作りをする機会がない男性、工作や木工が好きな人、どこにもない世界でひとつのものが欲しい人に最適なギフトです。自分で作ることを通し、モノの大切さや豊かさを実感していただければと思います。

「つくる バターナイフ」の材料を知る

「つくる バターナイフ」は「杉/桧(ひのき)」の二種類から選べます。

杉の特徴は、軽く柔らかいので簡単に削ることができます。色は深い茶/赤から白などのバラつきがあり、付属のミツロウを塗ることで年輪が際立ち「the木」みたいな感じに仕上がります。日本で一番多い木ですね。

桧の特徴は、堅い性質を持っているため、やや削るのに力が必要ですが、男性なら問題ないと思います。色は白っぽく香りの良い声質をもっています。耐久性や保存性が世界最高レベルと言われる丈夫な木のひとつです。

つくる バターナイフ|杉/桧(ひのき)

仕上げ材に使われる「ミツロウワックス」は天然素材のモノを使用しています。嫌なニオイもなく、手についても安心で、色も気にせず使えるワックスです。木の床や家具に限らず、革製品や鉄製品にもお使いいただける汎用性の高いワックスです。

つくる バターナイフ|ミツロウワックス

「つくる バターナイフ」の用途

削り方によっては、バターナイフ以外にもジャムベラやデザートベラなどにもなる製品です。好みのサイズに削ることで、大きさや太さ、サイズなども自由自在です。

つくる バターナイフの用途

製品名 毎朝食べるトーストに塗るための「つくる バターナイフ(ひのき:桧)」
Brand/Maker budori Corporation:JAPAN
付属内容 ナイフ材、ミツロウ、ヤスリ、布
サイズ 長さ16(cm)

[製品の特性について]
木製製品のため、サイズに誤差がでる場合もございます。
木目にバラつきありますが、唯一無二の特性なため独自性がとても高いです。

[お取り扱い上のご注意]

  • ご使用後は、早めに水/ぬるま湯で洗ってください。
  • 十分に乾燥させた食器に、付属のミツロウや食用油(オリーブオイルなど)をしみ込ませてメンテナンスをしていただくと、汚れが染み込みにくくなり変形や割れを防止します。
  • 天然無垢の木を使用しているため、製品によって若干の節やゆがみ、色の違いやヤニなどが生じる場合があります。
  • 長時間水に浸しておくことや煮沸消毒は避けて下さい。
  • 食器洗浄機、食器乾燥機、電子レンジ、オーブン等のご使用はお避け下さい。
  • 出来上がりには個人差があります。自分だけのオリジナルの形をお楽しみください。

ページ上部へ戻る