重厚でずっしりと構える「アルミ製ファイリングキャビネット」

 商品名 重厚でずっしりと構える「アルミ製ファイリングキャビネット」
 価格 17,280 円(税込)  送料 送料無料
 お届け 2-3日 ※地域によって異なります[ 詳細 ]  在庫状況 あり
 商品番号 other-76  カテゴリ OTHER

使い方は自分次第

「ALIGN LINE」のファイリングキャビネットは、男性が働く/学ぶときに使うデスクの上を、整理するための製品です。直線を基調としたデザインは、机の上における規律を生み出す役割をもっています。無造作に散らばった、ペン/定規/クリップ/マグネットなどを整理してくれます。

仕事ができる男は、デスクの上も整頓され、どこに何があるかがひと目で解る状態を保っています。「探す」といった無駄な時間や労力をカットし、デスク作業の導線をきちんと確保しています。

キャビネットの縁ある小さな穴に、専用パーツをつければ何段でもキャビネットを積み上げることができます。また、「ALIGN LINE」シリーズと組みあせてお使いいただくことで、自分にあったベストな使い方をお試しください。

アルミ製ファイリングキャビネット|使い方は自分次第

身近な存在のアルミニウム

みなさんも学生のころ、元素記号の周期表を覚えましたよね。確か…「水兵リーベ僕の船七曲がるシップスクラークか」だったかと。アルミニウムは原子番号13番なので、「る(Al)」の部分ですね。元素自体は、専門の職業や関係職に就いていないと普段の生活ではあまり意識しないのですが、「アルミニウム」は私達も知る身近な存在だと思います。

一番身近な存在は「1円玉」でしょうか。その他、生活用品から工業用品まで様々な分野で使われている、超多忙な金属のひとつです。恐らく1日の中で1度はアルミ製品またはアルミパーツが使われているモノを触っているのではないでしょうか。加工に優れており、光/熱の反射率がよいため低温にも強く、電気の伝導率/耐食性が高くて磁器を帯びない金属です。

アルミ製ファイリングキャビネット|身近な存在のアルミニウム

新しい価値を生むことが評価に繋がる

大阪にある「KAIRI EGUCHI DESIGN」の江口海里氏による作品です。未知なる価値を発見するために、言葉の要らないデザインを通して活動するプロダクトデザイナーです。

[国内外における数々の賞を受賞]
2005/2006/2012と3度の「グッドデザイン賞」を受賞。
2009/2010/2011年の3年連続「LGモバイルデザインコンペティション」にてゴールド賞を受賞。
2012年、イタリアで開催された、家具の国際見本市「ミラノサローネ」への出展を機に国際的な活動も開始。
2013年カリフォルニアドリームウィーク(USA) アーキテクチャー&デザイン部門 1stプレース賞受賞。

アルミ製ファイリングキャビネット|新しい価値を生むことが評価に繋がる

製品名 重厚でずっしりと構える「アルミ製ファイリングキャビネット」
Brand/Maker ALIGN LINE/TAKEDA:JAPAN
素材 アルミニウム(サンドブラスト|アルマイト処理)
サイズ・カラー W240×D320×H60(mm)/A4サイズOK|カラー:BLACK
Design 江口海里

ページ上部へ戻る